FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セサミクラブ通販ナビ

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
保育園児だと就寝が10時以降というのが
35%だったそうです!

------------------------------------

保育園児は幼稚園児より夜更かし。欲しいのは身近な公園――。そんな実態が、山梨大と県児童家庭課などが県内の保護者を対象に実施した子育てアンケートでわかった。全県規模でこうした調査を行うのは初めてという。県などは、調査結果を子育て環境の充実に生かしたい考えだ。

 アンケート結果によると、生活実態で子どもの起床、就寝時間を問う項目では、就寝時間は、幼稚園が「午後9時ごろ」が最も高い32・0%だったのに対し、保育園は「午後9時半ごろ」の回答割合が最も高く(30・5%)、午後10時以降の就寝割合も計35・2%と、幼稚園(18・4%)の約2倍となった。起床を「午前7時ごろ」と回答したのは保育所で38・6%、幼稚園で38・7%で、両者とも80%以上が午前6時半~7時半の間に起床していた。

-------------------------------------
読売新聞 山梨地域
保育園児就寝10時以降35%」より


さらに、アンケートので
「子育てに役立った事業、機関は?」の質問に
全体の86・6%が「公園・遊び場」が
「大いに役立った」「役立った」と答えています。

さらに、
「必要と思われる事業、機関は?」の質問にも
93・8%の保護者が「公園・遊び場」と答えています。

なぜそんな結果になったのか?というと、
散歩がてらに行ける近所の小さな公園で
気軽に会話をしながら子育ての実践的な?情報収集
をしているママが多いからです。

行政でやっている子育ての勉強会やセミナーが
いかに一般論が多く実践的でないかが浮き彫りですね。

さらに、そのようなとこには
「散歩がてら」には行かないでしょうね!
・・・だぶん。



[PR]子育ての相談|パパママの役割
[PR]子育ての相談情報
 
 

セサミクラブ通販ナビ

スポンサーサイト
2008.04.20 Sun l 子育て情報 l COM(1) TB(0) l top ▲
『子どもがのびのび育つ理由』という本が発売になりました!
あの兵藤ゆきさんの新刊本なんです!

子どもがのびのび育つ理由 ニューヨークで見た子どもと大人のいい関係子どもがのびのび育つ理由 ニューヨークで見た子どもと大人のいい関係
兵藤 ゆき

マガジンハウス 2008-04-12
売り上げランキング : 3204

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



兵藤ゆきさんは、1996年11月に
生まれてまだ7カ月の息子さんを連れて
夫の留学先のニューヨークに家族で移住しました。

そして、去年の夏に家族で帰国しました。
つまり、約11年近くを家族でNYに暮らしていわけです!

そして、あの時まだ赤ちゃんだった息子さんは
もう12歳になっています。

どうも、
ニューヨークならではの子育てがあるようです。
なかでも、
子供と大人の関係が
日本と若干違うということです。

日本でも子育ての本や雑誌がいろいろありますが
ゆきさんのような海外で実践してきた
生の子育て法を参考にしてみるのも
いいかもしれませんよ!


子どもがのびのび育つ理由 ニューヨークで見た子どもと大人のいい関係子どもがのびのび育つ理由 ニューヨークで見た子どもと大人のいい関係
兵藤 ゆき

by G-Tools




[PR]子育ての相談|パパママの役割
[PR]子育ての相談情報
 
 

セサミクラブ通販ナビ

2008.04.18 Fri l 子育て情報 l COM(0) TB(0) l top ▲
パパは仕事で忙しく
なかなか子供と一緒にいられる時間がありませんね!

だから、その分
休みの日は思いっきり遊んであげたいものです。

子供が寝てしまう前に帰宅できるパパは
一緒にお風呂に入ってあげるように
心がけましょう。

少しの時間でいいので
子供と向き合う時間を作ることが大切です。

このようなことを
意識しているかどうかで
子供とのかかわりが大きく違ってきます。

子供が3歳になるまでは
仕事よりも家庭に意識を向けて
子育てに積極的に参加するべきだという
考え方があります。

これは、本当に大切な考え方ですので
意識して実践するようにしましょう!



[PR]子育ての相談|パパママの役割
[PR]子育ての相談情報




セサミクラブ通販ナビ

2008.04.16 Wed l 子育て情報 l COM(0) TB(0) l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。